FC2ブログ
2020年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2020.02.14 (Fri)

文化祭

今日は、広島市内の中学校の
合同文化祭に行ってきました

中3のピアノの生徒さんが、
合唱の伴奏を素敵に弾かれました



昨年は、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の
トーンチャイムの伴奏をとても綺麗な音で弾かれたので、
今年も楽しみでした

今年は、「翼をください」の合唱伴奏でしたが、
堂々と響く音で立派に弾かれました

この生徒さん、クラッシックやポピュラー曲など
いろんな曲に興味があり、弾きたい曲が
たくさんお有りです
生活の中で、ピアノを弾くことが溶け込んでおられる様子で
とても良い音楽ライフをおくってらっしゃいます

スポンサーサイト



12:04  |  特別支援  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.15 (Mon)

発達障害ピアノレッスン広島勉強会

昨日は、発達障害ピアノレッスン広島勉強会に
参加しました。
会の前に、先ずはメンバーの方々とランチ

イタリアンビュッフェで
モリモリ腹ごしらえ
場所を移動して、勉強会

今回のテーマは、
『体験レッスンについて』
体験レッスンのお問い合わせを頂いたときに
お聴きしておくことや
体験レッスンでの留意点などを
メンバーの先生方と
たくさん意見交換しました

定型発達のお子様との体験レッスンも
短い時間にそのお子様とコミュニケーションをとって、
ピアノって楽しいってことをお伝えするのが、
なかなか難しいものです
発達凸凹さんだと、
興味関心がちょっぴりユニークだったり、
レッスンの流れに見通しが立たなかったら、
不安を感じられることもあります

この度の勉強会で
体験レッスンのヒントをたくさんいただきました
勉強会では、
今後も凸凹さんのレッスンに関するイベントなど
企画中です
09:37  |  特別支援  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)

マンボ NO5

水曜日の夕方からは、いつも、
高機能自閉症のKちゃんのピアノレッスンです

今日のレッスンでは、
Kちゃんと一緒に「マンボNO5」を
連弾いたしました
Kちゃんは、とても譜読みが早く
中級レベルの曲ならほぼ初見で弾くことができます
(毎週、Kちゃんとの連弾のために
ワタシは密かに下準備をして臨んでます
間違って弾いたら、すぐにバレちゃうのです・・)

「マンボNO5」、曲の途中に
 ~ アー!ウッ! ~の掛け声がありますが、
二人の掛け声のタイミングが合うとなんとも楽しく
盛り上がります

Kちゃんママがおっしゃるには、
連弾で人と合わせる経験をするのは、
Kちゃんの発達にとって、
とても効果的だということです

ワタシは、効果云々より、
Kちゃんと連弾をするのが物凄く楽しいし、
連弾の名曲も発掘できるので、
毎週やっていたのですが、
(ワタシってとても自己中です・・)
療育にもなるなら尚更連弾を頑張ろうじゃないですか

曲の好みも似ているので、
次はどの本の曲を弾こうか考えるのも
これまた楽しいです
20:21  |  特別支援  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.22 (Fri)

あおぞら学級おんがくかい



今日は、安芸区瀬野川にあります、みどりざか小学校の
特別支援学級の「あおぞら学級音楽会」に参加いたしました
この「あおぞら学級音楽会」、ほぼ毎年行かせていただいております
おかげで、あおぞら学級の生徒さんたちのお顔もほぼ覚えてます
みなさん、明るく人懐っこくってかわいい

今回の音楽会は、瀬野小学校、みどりざか小学校、瀬野西中学校、
計3校の特別支援学級の生徒さん達が来られていて、
大いに盛り上がりました

音楽会の後は、生徒さんたちと一緒に給食を
ごちそうになりました
実は、これが毎年、一番の楽しみなのだ
今日のメニュー、お魚と卵とほうれん草のあえものと豚汁、
とても美味しゅうございました

17:55  |  特別支援  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.03 (Sun)

Yちゃんのピアノレッスン

小学校三年生から、高校卒業までのべ9年ピアノレッスンに通ってくださってたYちゃん、先日、ひょっこり、うちにやって来られました

特に約束をしていたわけでないのに、ふいに来られたので、かなりビックリ
高校卒業後2年以上経ち、しかもYちゃんはお引越して、我が家からだと歩いて4、50分かかる所から、歩いて来られたので、「よく道順がわかったね~」
それから、「ピアノが弾きたかったの?」
色々ハテナマークが頭をよぎりましたが、
とりあえず、お母様に連絡いたしました
お母様はすぐに迎えに来てくださり、
少しお話をして帰られました

それから数日後、Yちゃんのお母様から、
「ピアノを再開したい。ピアノが難しかったら歌とか楽器で音楽に触れさせたい」と
いう嬉しいご連絡をいただき、レッスンに
いらっしゃることになりました

またまた数日後、Yちゃんは、作業所で
お仕事をした後、歩いてピアノレッスンに通ってきてくれました
Yちゃん、2年のブランクが感じられなく、
右手での曲を、スラスラ弾けておられました
ピアノに向かっている時の表情がニコニコ笑顔で、私もとても幸せホッコリ気分を
味わえました
ありがとうYちゃん
14:00  |  特別支援  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT